整体

整体と聞くと、バキバキ、ボキボキと言う荒治療のイメージがありますが、森下治療院では荒々しい矯正は一切行っておりませんので安心して治療が受けられます。
骨盤を矯正して、身体のゆがみを治して正しい姿勢を作ることによって、身体の不調を改善しましょう。

骨盤が歪むとは

初めて治療に来られる患者さんの9割以上の人が、左右の足の長さが違っています。原因は骨盤のゆがみだと考えられます。左右の足の長さが違うと骨盤が斜めに傾きます、骨盤が斜めに傾くと、脊柱までも斜めに傾いてしまいます。途中で傾きを補正しながら背中から肩、首、頭までゆがみが伝わってしまいます。
家にたとえると骨盤が土台です。土台が傾いてしまったら、柱がななめに傾き、ふすま等の建具やドアーが閉まらなくなった状態と似ています。

写真:施術の様子

肩甲骨が外側に固定されるとは

私たちは仕事や、車の運転、家事など多くの時間、腕を前に出し手のひらを下に向けた状態で仕事をしています。肩関節が前に出て内側に巻かれた状態になります、いわゆる巻き肩という状態です。
巻き肩の状態では肩甲骨をいつも外側に引っ張ってしまいます。肩甲骨が外側に引っ張られると、身体が丸くなり背中が曲がってしまいます、いわゆる猫背の状態です。やがて肩甲骨が外側に張り付いたように固定されてしまい、猫背も常態化されてしまいます。そうなると首・肩・背中から肩甲骨につながっている筋肉がいつも引っ張られてしまい、首・肩・背中の痛みを引き起こしてしまいます。
それが慢性的な首凝り・肩こりの原因です。まずは肩甲骨を元の位置に戻してあげることが、首・肩・背中の凝りを取る根本的な治療になります。

写真:施術の様子

仙腸関節とは

骨盤が歪むと仙腸関節の働きが悪くなります。仙腸関節は骨盤の左右にある衝撃吸収装置みたいなもので、いきなり大きな衝撃が加わった様なときにも仙腸関節の衝撃吸収装置が働き力をうまく吸収してくれています。
仙腸関節が、ガチガチに固まってしまって衝撃が吸収されないと、足からの衝撃が腰椎に直接伝わり、脊柱起立筋に無理がかかり、筋筋膜性腰痛、さらには椎間板ヘルニアなど腰を痛める原因になることがあります。
腰を痛めるだけでなく、さらには肩や首にまで影響を及ぼす事にもなります。

写真:施術の様子
料金詳細はこちら