症状別施術内容

腰痛

今や国民病とも言われる腰痛ですけど、レントゲンやMRI等の検査で原因が分かっている腰痛と、原因が特定できない腰痛とに分類されます。
原因がはっきり特定されている腰痛が15%、原因がはっきり特定されていない腰痛が85%とされています。

原因

腰の骨である腰椎は身体の大黒柱であり、そんなに大きく動かないものです。本来動くべき関節は股関節、胸椎、肩甲骨などで、これらの関節の動きが悪いために、腰椎が動き過ぎて、腰の周りの筋肉に負担がかかって、痛みとなって現れてしまいます。あまり動いてはいけない腰椎が動きすぎる結果として腰椎を痛めることになり、症状が進行するとヘルニア、すべり症、分離症、脊柱管狭窄症など次第に悪化して行きます。

施術ポイント

【股関節の動きを改善していく】
股関節の動きを悪くしている原因の筋肉として、大臀筋、大腿筋膜張筋、大腿骨外側広筋などの筋肉を緩める。

【胸腰筋膜の緊張をほぐす】
腰の周りは胸腰筋膜という大きな膜に覆われていて、筋膜が痛みのレセプターになっていることが多く、筋膜に刺激を与え、筋膜の緊張を緩和させることで痛みを和らげる。

【大臀筋などの臀筋群を緩めていく】

(廿日市市在住 男性 Mさま)

普通に歩くことが出来、腰もすごく楽になりました

治療前は自分で歩くことがむずかしかったのですが、治療後には普通に歩くことが出来、腰もすごく楽になりました。

ぎっくり腰

ぎっくり腰は正しくは「急性腰痛」といいます。その名の通り何の前触れも無く突然腰に激痛が走り動けなくなったり、立ち上がれなくなったりします。ぎっくり腰は前屈みになって重い荷物を持った時や、不自然な姿勢から体の向きを変えたとき等によく起こります。腰が捻挫を起こした状態と言うことが出来ます。

原因

股関節の動きが悪いため腰が動きすぎて、腰の筋肉の疲労がたまり、柔軟性が無くなっているところに、急な負荷がかかることによって起こりやすくなります。
腰の冷えが原因で、筋肉が硬くなると起こりやすくなります。冬の気温の低下もありますけど、夏場のエアコンで冷えることもありますので注意が必要です。

施術ポイント

股関節の動きをよくするために、股関節の動きを悪くしている筋肉をほぐすために、関連する筋肉、ツボに鍼治療を行い筋肉の緊張を取り除きます。

坐骨神経痛

原因

座骨神経とは腰椎から足にかけて走る神経で、お尻から太ももの後ろ側を通り、ふくらはぎや足先へとつながっています。座骨神経痛はこの神経に沿った痛みが特徴的な症状ですが、正式な病名ではなく痛みやしびれを主体とした症状を称して「座骨神経痛」と呼んでいます。
座骨神経痛には、さまざまな原因があると考えられています。腰椎の変形からくる神経の圧迫、神経の出口であるお尻の筋肉での圧迫などがよく言われる座骨神経痛の原因ですが、最近の研究では座骨神経に沿った筋肉や筋膜のこわばりや短縮が原因と考えられています。姿勢の問題により座骨神経か引っ張られることによりしびれなどの症状を起こすと考えられていますので、その人の体の状態をよく観察することが大切です。

症状

お尻から太もも、ふくらはぎを通り足先につながる座骨神経のライン上での痛みやしびれなど。

施術ポイント

股関節、仙腸関節などの動きを改善する。
筋肉の血行不足や酸欠は痛みの悪循環を生み出すので、痛みの原因になっている筋肉のこわばりを緩める。

(廿日市市在住 男性 Mさま)

左足の痺れ、左足首の痛みがほとんどなくなりました。

左足のしびれはほとんど出なくなりました。
左足首の痛みもホボ無くなりました。

五十肩

原因

五十肩の原因としては、肩甲骨の動きが悪いという事が一番大きな原因です。デスクワークや料理など仕事や家事をしているときは、肩が内側に丸まり、腕も内側にねじれています、肩関節が巻き肩になり肩甲骨を外側へ引っ張ってしまっています。その状態が長時間続くため肩甲骨が外側で固定されてしまった状態です。人間の身体は腕を上げるときに90~100°までは肩関節の可動域ですけど、それ以上は肩甲骨が動かなければ上がらないように作られています。肩甲骨が外側で固定されてしまった状態で腕を無理やり上げようとするから、肩関節の周囲の筋肉や靱帯などが損傷してしまいます、その状態が五十肩なのです。

【このような症状の方は四十肩・五十肩の可能性があります】

  • 肩から腕にかけて痛みがある
  • 腕を上げたり、後ろに回したりする動作がつらい
  • 服を着たり脱いだりする動作がつらい
  • 夜中に肩の痛みで目が覚めることがある

施術ポイント

肩甲骨を外側にひっぱっている筋肉を緩めることが一番大切になります。
小胸筋・広背筋・小円筋・上腕三頭筋など肩甲骨を外側に引っ張っている筋肉を緩め、肩甲骨を本来の正しい位置に戻してあげる。肩甲骨が張り付いて動かない状態の時には肩甲骨を肋骨から剥がすようにして(実際には肩甲骨は肋骨と接触していない)肩甲骨の動きを改善する。

(廿日市市在住 女性 Tさま)

整体や鍼治療で徐々に回復し今は全快です。

整体や鍼治療で徐々に回復し今は全快です。
放置していた分幹部のこわばりも強く、回復に時間を要しましたが、様々な治療法でアプローチしてもらったので満足しています。

首凝り・肩凝り

原因

首凝りと肩凝りには共通の原因があります。
デスクワークや料理など仕事や加除をしているときの身体は、肩が内側に丸まり、腕も内側にねじれています。肩関節の巻き肩(肩が前に出ている)により、肩甲骨が外側に引っ張られた状態が慢性化して肩甲骨が外側で固定されてしまった状態になっているか方が多いです。肩甲骨が外側に引っ張られた状態になると、背中が丸くなりいわゆる猫背の状態になります。背中から肩・首にかけて大きな筋肉である僧帽筋がありますが、僧帽筋の上部は肩から首を通って頭までつながっています。僧帽筋の上部の筋肉がいつも引っ張られることにより首・肩の凝りになります。
また猫背の状態になると、頭が前に出るので、首と肩の筋肉で頭が前に倒れないようにいつも支えなければなりませんし、ストレートネックになってしまいます。ストレートネックになると頭の重さをまともに受けることになるので頸椎に負担がかかってしまい、痛みにつながってしまいます。

施術ポイント

巻き肩になり肩甲骨が外側に固定されている状態を解消します。
胸の筋肉や脇の下の筋肉をほぐす事によって、巻き肩を戻すことが出来るようにする。

(広島市在住 女性 Kさま)

面白く話しやすい先生です。

初めは自覚症状が無かったのですが、治療を受けて体がほぐれてすごく楽になったのを経験しました。治療を受けてから1週間ぐらい経つと、体が元の悪い状態に戻りそうになるのを気がつくようになったと言うか、自分の体が悪い状態を認識できるようになったと思います。

股関節痛・違和感

股関節は足の骨と骨盤を結ぶ大切な関節で、人体で最も大きな関節になります。
膝をあげたとき、股関節が詰まったような感じがして痛い、という人はたくさんいます。
股関節は太ももの骨「大腿骨」の先端にある球形をした大腿骨骨頭と、骨盤側で受け皿になるくぼみとの組み合わせで構成された“球関節”です。

原因

膝を上げるとき、股関節は外に開いてから、外にねじるのが理想の動きですが、股関節が硬く外に開かないと、大腿骨と骨盤がぶつかり合って痛みが生じます。なぜ股関節が開かないかというと、膝が内側にねじれた状態で筋肉が固まってしまっているからです。

症状

股関節の症状の特徴として、可動域が悪くなりあぐら姿勢が出来ない、靴下が履きにくいなどの日常生活のあらゆる動作に支障が出てしまいます。
歩行時の痛みや違和感、動作を始めるときの痛みなどがあります。

施術ポイント

股関節の動きを悪くしている筋肉を緩める事により、股関節の動きを取り戻す。
特に臀筋群の硬結部を緩めていく。

(佐伯区在住 女性 Nさま)

日々痛みを感じずに歩いています。

初めての治療で、私の痛みの元を的確に探し当ててくださって、これはもしかしたら治るかもしれないと、とても嬉しい気持ちになりました。何回か通院する内にそれは確信に変わり、希望が持てるようになりました。
今は、お陰様で足の長さも揃い日々痛みを感じずに歩いています。こんな日が来るなんて夢のようです。
これからは、股関節周りの筋力強化に併せて、ひどい肩こりの改善に向けて肩甲骨はがしをお願いしています。

膝痛

膝の関節は蝶番関節と言いまして、真っ直ぐ前後に動かすときにはとても強い関節ですけど、ひねり運動にはとても弱く出来ています。
家のドアーでも開閉には強いけど、ひねったり、ねじったりすれば壊れてしまいます。膝の関節をねじると、側副靱帯や半月板などに損傷がおきる原因になります。ではなぜ膝関節にねじれの力が加わるのでしょうか?
膝の上にある股関節や、膝の下にある足首の関節の動きが悪い為に、膝にひねりの力が加わってしまったのです。

【症状として当てはまるもの】

  • 歩くと痛い
  • 膝を伸ばすと痛い、真っ直ぐ伸びない
  • 正座が出来ない、曲げると痛い
  • 階段の上り下りの時が痛い
  • いすから立ち上がるときが痛い

施術ポイント

膝の上にある股関節の動きを改善していく。
膝に下にある足関節の動きを改善していく。

こむら返り

こむらがえりは、主にふくらはぎの筋肉が異常に収縮して、痙攣を起こすことでおきます。ちなみに、こむらがえりの「こむら」とはふくらはぎにことを指します。その名の通り、ふくらはぎに多く起こりますが、実は、足の裏や指、太もも、胸など、身体のどこにでも発生します。運動中や就寝中に発生することが多く、妊娠中や加齢によっても起きやすくなります。こむら返りを起こすと、強い痛みを伴いますが、ほとんどの場合は数分間で収まります。

原因

【運動による水分やエネルギー不足】
汗をかくことで、身体のイオンバランスが崩れて、筋肉からの信号がうまく出なくなり、足のつりが起こると考えられています。

【身体の冷えによる筋肉の緊張】
夏場の空調を使い過たり、冬の気温低下によって冷え性気味になると、足のつりやこむら返りが起きやすくなります。これは血行不良でイオンやエネルギーが不足することに加えて、冷えて筋肉が緊張してくることが原因と考えられています。

【加齢による筋肉の衰え】
中高年になると、加齢で筋肉の量が減り、加えて血行不良や冷え、脱水傾向など、様々な要因が重なりやすくなり、結果として足のつりが起こりやすくなります。

施術ポイント

日常生活で椅子に座ることが多いのと、ふくらはぎは心臓から離れているため血行が悪くなりやすいので、ふくらはぎの血行を改善するツボを刺激します。

スポーツ障害

森下治療院では、スポーツを愛する人々を応援します。
スポーツをする人は「うまくなりたい、強くなりたい」と思うのは、スポーツをする人たちの共通の思いでしょう。ジュニアからシニアまでの全てのアスリートが、競技力を向上させるために日々努力をしています。
その土台となる体が、怪我や障害によって思うように動かないと、当然よいパフォーマンスが発揮できなくなります。痛みを我慢してプレイを続ければ痛みが悪化したり、他の部位までも痛めてしまうという悪循環に陥ってしまいます。チームスポーツならばチーム力の低下にもつながってしまいます。“よい選手は怪我をしない”と言われますが、逆に怪我をしないことが一流選手になる条件ともいえます。

早期発見早期治療

一番大切なことは、スポーツ障害が起きたことを早く知ることです。早期発見、早期治療によりスポーツ障害の悪循環に陥らないことです。障害が残ったままプレーを継続し、障害を悪化させてしまうケースもあります。ジュニアの時にこのような悪循環に陥ってしまっては、よい選手になることは難しくなります。

スポーツ障害とは

さまざまなアクシデントで生じる強い外力によって起こる怪我のことではなく、繰り返しの小さな損傷が積み重なって慢性的に発症する「障害」のことです。
特に成長期のスポーツ選手は運動能力の発達過程でもあるし、体の成長過程でもあります。

【体の成長期にはピークを迎える時期にずれがあります】

  • 6歳~9歳
    脳・神経系の発達が成長するとき、正しいフォームの習得や、テクニックを身につける時期
  • 12歳~15歳
    骨格系が発達して身長が飛躍的に伸びます
  • 15歳~18歳
    筋肉系が一番遅く発達しますので、力強さやパワーが身につきます

骨格系が成長のピークを迎えていても、筋肉系の発達は遅れてピークがやってきます。骨の成長に筋肉が追いついていない状態になり、筋肉がいつも引っ張られた状態になり、筋肉が硬くなり筋肉を痛めやすくなります。
筋肉の付着部は、骨端軟骨(成長軟骨)の部分であって、まさに骨が伸びていくところです。出来たばかりの骨は弱く、筋肉に絶えず引っ張られていると傷ついたり、やがて剥がれてしまうこともあります。

成長期に起こりやすいスポーツ障害

【成長期に起こりやすい骨端症】

  • リトルリーグショルダー
  • 野球肘(内側型)
  • オスグッド病

【成長期に起こりやすいスポーツ障害】

  • 肩のインピンジメント症候群
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝

施術ポイント

体が歪んでいたり、関節の動きが悪い場合、正しいフォームが乱れて、スポーツ障害を起こしてしまうこともあります。身体の歪みを整え、動きの悪い関節の可動域を広げる事が大切です。
筋肉の疲労がとれていないまま激しい練習をすると、スポーツ障害になりやすいので、筋肉の疲労を取ることが大切です。

自律神経障害

自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れてしまい、心身にさまざまな不調をもたらす状態を指します。身体面の症状としては頭痛や動悸、倦怠感など、精神面の症状としては、集中力の低下などが挙げられます。

原因

現代社会はストレス社会とも言われ、誰もが多少なりともストレスを抱えながら生活しているのと思います。不安、いらだち、緊張などストレスの要因が複雑に入り組んで自律神経のバランスが崩れたときに、自律神経失調症が起こると考えられています。

症状

自律神経失調症の症状は、個人によって現れ方は千差万別ですし、身体面のみで無く、精神面にも症状が出現します。

【身体面の症状】

  • 頭痛
  • 動悸
  • 息切れ
  • めまい
  • 倦怠感
  • 不眠
  • 食欲低下
  • 腹痛
  • 下痢・便秘
  • 肩こり

など

【精神面の症状】

  • 気力の低下
  • 集中力の低下
  • 不安感
  • 怒りっぽくなる

など

なお自律神経失調症は大人だけでなく、子供にも生じることがあります。子供において発症すると、頭が痛い、おなかが痛い、体がだるい、などの訴えから、不登校の原因になることがあります。

施術ポイント

鍼灸の刺激により、緊張した体をリラックスさせていきます。
骨盤や身体の歪みを整えて、歪みによる身体へのストレスを減らしていきます。
自律神経に関連するツボへの施術により、血や気の巡りを促します。
精神的ストレスを取り除き、自律神経の安定を図る施術を行います。

自己免疫疾患

自己免疫疾患とは、本来は病原体から身を守るはずの免疫システムが異常をきたし、自分自身の体を誤って攻撃するようになった状態を指します。

原因

なぜ免疫のシステムの調節機構が異常をきたすについては完全に分かっていませんが、感染症や薬剤、遺伝子の異常、ストレスなどが関与していると推定されています。

症状

自己免疫疾患では、免疫機構の標的となる臓器に応じて、さまざまな症状が生じる可能性があります。

施術ポイント

強いストレスが原因で、免疫のシステムに異常が起こっている場合が多くあります。
鍼灸・整体のストレス緩和処置で、緊張した体をリラックスさせることにより、症状の緩和を目指して行きます。

料金詳細はこちら